第23回介護福祉士実技試験過去問題 - 第27回介護福祉士実技試験対策 DVD 動画
最新トラックバック
プロフィール

介護福祉士実技試験

Author:介護福祉士実技試験
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合格保証の詳細についてはこちらから
介護福祉士実技試験対策DVD 介護福祉士実技試験合格基準 合格点 合格率

第25回介護福祉士実技試験 過去問題解説

介護福祉士実技試験過去問題


第26回介護福祉士実技試験合格へ向けて


介護福祉士実技試験過去問題 検証

第23回介護福祉士実技試験 試験問題

■■■■■

山下たくみさん(75歳)は、右上下肢に麻痺があり、
すべての動作に一部介助が必要です。歩行はつえを使用
しています。

右利きでしたが、左手を使って趣味の絵手紙と習字を始め
ました。
いすに座っている山下さんをテーブルまで歩行介助し、
いすに腰かけさせてください。
その後、趣味の活動ができるように準備し、用具を持つ
までの介助をしてください。

山下さんは、「はい」または「うなずく」のみです。
 (試験時間は5分間以内です。)

■■■■■
23


上記の問題文と図面から読みとれないことがあります。

毎年必ず、介護福祉士実技試験では、【ワナ】があります。

図面や問題文に記されていないことがあります。

試験室に入って、はじめて気がつくことがあります。

気がつく受験生はいいのですが、気がつかない受験生は

必ず得点を逃す項目があります。


【百聞は一見に如かず】文字情報と図面情報では得られない

情報があります。

【趣味の活動ができるように準備し、用具を持つまでの

介助をしてください。】

という文面から、趣味の道具は習字と絵手紙両方準備

されているとも、されていないとも記載されていません。

ある受験生は、習字の道具の準備をイメージしたかもしれません。

ある受験生は、絵手紙の道具の準備をイメージしたかもしれません。

ある受験生は、両方の道具があるとイメージしたかもしれません。

さあ、実際の介護福祉士実技試験、

試験会場のセッティングはどうであったのか??




試験を受けた受験生のみもっている情報になります。

なんと、道具は両方準備されていました。

なぜ、両方準備されていたか分かりますか?



初めて受験される受験生で、正確な情報を得ないまま

試験に臨んだ受験生は

この場面で、失態(失点)を犯してしまいます。

情報のない受験生は、

なんの迷いもなく習字の道具を持たせて、介護福祉士実技試験試験を終了してしまいます。

何が失態(失点)なのか??



分かる受験生は、準備が上手いです。

DVDを見ている受験生も、何が失態(失点)なのか理解しています。

そうですね。

DVDに付属している、採点項目に、きちんとつぎの説明がありますよね。




【個人の尊厳】の中の採点項目【自己決定】の部分で得点を逃す受験生が

多いようです。

絵手紙か習字どちらを希望されているか、きちんとお伺いをたてたのか?

という部分が採点されています。【自己決定】を促していないから失点となります。


やはり事前情報もなく試験に臨むのは、危険な綱渡りとおなじで、無謀なのか

冒険好きなのか、それとも、実力があるから関係ないのか・・・・

毎回試験では、必ず【ワナ】があります。

次回も、第22回の介護福祉士実技試験【ワナ】について考えてみます。

お楽しみに、

拍手が100を超えると更新してまいりますのでよろしくお願いします。

■2月15日、2月16日、2月17日、は

DVDお申込み電話が繋がりにくくなります。

お早目のお求めをおすすめ致します。

合格保証付きなので損することはありません。

合格保証付き 
万が一実技試験不合格なら返金します!

お申込みは、こちらから




合格保証の詳細についてはこちらから
介護福祉士実技試験対策DVD 介護福祉士実技試験合格基準 合格点 合格率
スポンサーサイト
スポンサー
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。